釣具買取・釣具通販・中古釣具通販のパゴスリサイクル釣具|PAGOS

広島・島根の今期の渓流トラウト最終釣行(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年08月31日(木)

マリホ店増田です。

28日と29日で広島・島根の渓流トラウトのラスト釣行をしてきました。

7月までは調子よく釣れていたんですが、真夏になってからは厳しい釣りを強いられ、先週の釣行でも朝イチで尺アップのアマゴを釣ってからは辛い展開でした。
それでも今シーズンラストの釣行!
厳しいと分かっていても気合が入ります!
それと同時に、来年までこの川に来れないと思うと切ない気持ちになるのがこの時期ですね。

そんな思いが入り混じる中、28日は弟と県内の川へ行ってきました。
朝イチは、前回僕が尺アップのアマゴを釣ったポイントへ。
今年からトラウトを始めた弟にも何とか良い魚を出してほしかったんですが、その日は水位が低く、大潮などのプラスの要素もなくノーチェイス。
さらにそこから上流のエリアをランガンしていきましたが、あるポイントを横切ったときに大きそうな魚影が逃げていっただけでルアーへの反応はありませんでした。

大物狙いの後は癒しの渓へ。
と言いつつ、どこかでデカイのが出てくれないかなと思ってるんですが。笑
でもやっぱりそう上手くはいかず、夕方いっぱいまでがんばり、手のひらサイズのアマゴたちに数尾遊んでもらい県内ラスト釣行は終了となりました。
ラストに弟にも良い魚を釣ってほしかったですが、トラウト初年度でいきなり釣れるほど甘くないですね。
来年がんばろう!
と、その前に来月からの鳥取遠征も行くかい?笑

21151329_1540235862727707_98179694015930504_n


明けて29日、前日の疲れを引きづりながら単独で島根県の川へ行ってきました。
今シーズン何度か来ているので、目星をつけていた川を回っていくプランです。

最初に入ったのは、6月に来て反応が良かった川です。
朝日が木の間から差し込んで良い雰囲気です。

21246379_1540235776061049_5012616157474594187_o

入ろうと決めていた所よりも下流の流れが良さそうに見えたので、少し下から釣り上がると、小さいながらポンポンと2尾釣れてくれました。
これはここから上も期待できるかも、と思ったんですが、全くと言っていいほど反応なし。
鵜が淵の下流の岩の上で羽を広げていたりして、こいつのせいもあるんだろうなと思いながら次の川へ移動です。

ここが今回の本命と思っていた支流です。
ボサや木が生い茂り、まず人が入らなそうな感じ。
実際、最初に来たときは、「ここにこんな魚が…!」と何度か驚かされて、シーズン終盤には良い魚が釣れてくれそうだと楽しみにしていました。
この日も所々に蜘蛛の巣があり、しばらく人は入っていなさそうな雰囲気でした。
なんですが、しばらく行っても魚が出てくれません。
ようやく出てきたと思ったら、期待していたサイズではありませんでした。
そこから先も一切何もなく退渓。
他がダメでもここなら、と思っていた所だっただけにショックを隠しきれませんでした。
ですが、まだあと2個所残っている川に期待して移動です!

ここは、友達のMくんが泣尺ヤマメを釣っている川。
僕も良いサイズをバラしているので期待を込めて入渓します!
入渓してすぐに雰囲気のあるポイント。
さすがに入ってすぐのここにはいないだろう、と思いながらイトウクラフト/蝦夷50Sファースト タイプⅡを何となくキャスト。
ヒラを打つミノーが瀬尻前くらいまで来たところで、矢のような動きの影がミノーを追った。
ヤマメだ!
今日イチのサイズ!
しかも、ルアーにバイトしそうな勢いのある追い方をしている!
追うのを止めて付き場に戻ったかとおもいきや、再びすごい勢いでチェイスしてくる!
そんなことを2~3度繰り返し、気付けばミノーは足元まで来ていて、バイトさせられないままルアーは陸上へ…。
いきなりすぎて完全に油断してました。
それだけやる気満々のチェイスをしてきたヤマメも次のキャスト以降は反応してくれませんでした。

でも、この先も何箇所か良いポイントがある。
気を持ち直して釣り上がります!
1つ2つと期待していたポイントを何もないまま通り過ぎ、僕が良いサイズのヤマメをバラしたポイントまで来ていました。

21191977_1541407479277212_5991402855889031198_n

あのときはこの深みだったよな、と蝦夷50Sファースト タイプⅡを深みまで入れてバンバン!と強めのヒラを打たせて誘いますが反応なし。
ここもダメか、と釣り上がる前に念のため瀬頭にミノーをキャストして、同じように強めのヒラ打ちで誘うと瀬脇のかけ上がりまで来たところで「ドスン!」
ローリングで抵抗したかと思うと、流れの中を縦横無尽に走り回り、とにかく引きが強い!
早くネットに入れてしまいたいけど、ここは慎重に!
弱って頭をこちらに向けたタイミングでザバッ!とネットイン!
デカイ!これは尺いった!
魚はネットの中でおとなしくしてくれている。
なので、自分を落ち着けて冷静に見てみると、あれ、尺ないかも…?
ネットのサイズは内径約30cmだけど、それに僅かに足らない。
メジャーをあててみても、やっぱり29cm!
でも、いいヤマメ!

21167904_1540235359394424_3879154959865821642_o

ほんのり側線付近にピンクが入って、透き通った尾びれも綺麗!

21125412_1540235636061063_1908773367352036765_o

21200747_1540235459394414_3477744214576515521_o

もう少し季節が深まればもっと良い色になるんだろうな、と思いながらリリースしました。

この先ももしかしたら良い魚が出るかもと思っていたら、何やら臭う。
そして、この出来立てホヤホヤの足跡を発見。

21231800_1540235212727772_453785892457945746_n

正体はわかりませんが、安全第一ということでここで退渓。
次の川へ移動します。

砂が多く、全体的に浅い川ですが、薄暗く、雰囲気は悪くないので、少しの期待を込めて釣り上がっていきます。
しかし、ここもほとんど反応がありません。
ルアーを追ってきてもほんとに小さいサイズかカワムツといった状況でした。
そんな中で、この川のなかでは水深のあるポイントに到着。

21150463_1541407605943866_3812104330323720742_n

ルアーはここでも蝦夷50Sファースト タイプⅡ。
ほぼアップでキャストして、強めのヒラ打ちで誘ったところで「ドン!」
この魚も引きが強い!
水中でも側線が赤くなっているのが分かる。
ニジマス?
正体がわからないままネットイン!
ヤマメだ!

21125327_1540234769394483_8616885466386907623_o

側線付近がピンクを通り越して赤くなっている。

21231077_1540235102727783_1324396793083880000_n

サイズは26cmくらいでしたが、これもいい魚でした!
このヤマメをリリース後、とりあえず同じポイントにキャストしてみたところ、釣ったヤマメより少し大きそうな魚がゆっくりチェイスしてきましたが、やる気なしといった感じでした。
もしかしたら2尾でペアリングしていたのかもしれません。
そして、そこから上は何もなく退渓。
十分満足ということで、ここで終了しました。

1つの川に1~2尾という厳しい釣りではありましたが、シーズン最後の釣行で良い魚を出せてよかったです!
そして、まだまだ行けてない支流も多くあり、来年が楽しみでもあります。
でも、その前に9月からの鳥取遠征が待っています。
おそらく、辛い釣りが待っているんだと思いますが、秋色の良い魚が釣れるようにがんばってきます!

県内渓流ラストスパート!(マリーナホップ店増田釣行記)
2017年08月24日(木)

マリホ店増田です。

今月で中国地方は鳥取県を除く川が禁漁を迎えます。
禁漁になると来年の春まで渓流魚たちに会えないので、それを惜しむように川に通ってます。
しかし、さすがに真夏の渓流は辛く、なかなか魚たちは反応してくれません。
それでも個性的なアマゴも釣れてくれたりして、辛いながらも楽しんでいました。

20841969_1527000080717952_2612022706016961366_n

そして、一昨日の休みももちろん渓流へ行ってきました。
釣行前日は少し雨が降り、さらに当日は大潮。
水位は少し低いものの、可能性はあるかもしれない。
少しの期待を持って、産卵を意識した魚が遡上してくるであろうポイントへ向かいました。


午前6時頃、ポイントに到着。
盆があけ、山間部の川の水温はぐっと下がったようで、ようやく20℃を切るくらいまで落ちてくれました。

21032652_1532718750146085_7245808444487754072_n

上流の浅い瀬の流れが落ち込み、対岸の岸にぶつかっていて、その下は深くえぐれており、さらにシェードになっていて、いかにも魚が溜まりそうなポイント。
1投目が勝負。
ルアーはスプリーモ/バイラ50Mに決定!
慎重に落ち込み下にキャストし、少しレンジを入れトゥイッチで誘うと、ルアーの少し横で「パシャッ!」と何かが反応。
何かはわからないけど魚が浮いてる!でも、トレースコースを外してしまったかも…。
1投目でバイトさせられなかった動揺を落ち着かせて、何かが反応したコースを通るようにトゥイッチで誘うと、ルアーの後ろで銀色の魚体が光る!
反応した!
リトリーブスピードを少し落としつつ誘い続けるとヒット!
ローリングで抵抗しながら足元まで下ってきたところをネットイン!
夢の40アップには届きませんでしたが、尺を少し超えるいいコンディションのアマゴでした。

20988472_1532718546812772_8796327408563149554_o

20994290_1533854203365873_7370786417868657910_n

そのあとは、そこから少し釣り上がりましたが反応無し。
続けて渓に入り、手のひらサイズのアマゴに数匹遊んでもらい終了しました。

 

20954038_1532718600146100_1503222503289127511_n


広島県の渓流シーズンも残すところ1週間。
それが終わると鳥取県への遠征シーズンへ突入します。
今回の釣行を弾みにして、何とかいい形でシーズンを締めくくれるようにがんばります!

月1の沖磯釣行in「七類」(ネイティブ沖田釣行記)
2017年08月19日(土)

こんにちはネイティブ沖田です。

やってまいりました「沖磯釣行」 

今回は前々回に七類に行った際に利用させていただいた「亮吉丸」さんにお邪魔させていただきました。
今回も同行していただいたのはパイセンの「Iさん」

前々回釣行記「THE沖磯」⇒https://pagos.jp/?p=121765

IMG_4292

事前の船長の話では「青物出てます!」と期待の出来る感じだったので、行く道中2人テンションMAX!!
松江自動車道を走行中に、深夜にも関らず対向車が多く「何かあったのか?」と思えば!?

IMG_4230

「松江」「浜田」「大田」「益田」で花火大会が開催されておりました。
※因みに浜田の花火大会を見ながら「ライケン」をされていたお客さんから連絡があり、イカは良く釣れたそうです。

早めに七類港に着いたので、渡船の出航時間まで仮眠をとることに。Zzzzzz

4時半に船に乗り込みいざ沖磯へ。

今回のポイントは「浅場と深場が隣接するエリア」船長のお任せで降りた磯は「九島」

IMG_4240

今回は何とか日の出前に磯に上がる事が出来ました。
早速、本命の「ヒラマサ」タックルをセットして、ダイビングペンシル・ポッパーをキャスト。

IMG_4245

プラグを通すと小魚が逃げる姿がチラホラ。
何時釣れてもおかしくない状況なのですが・・・・・・・ヒラマサからの反応は無く。

IMG_4247

時間だけが過ぎ・・・・・。

IMG_4248

耐えきれなくなったので「サブ企画始動」
今回も持ち込んでおりました「必殺アイテム」

バサロ+スナッチバイトシャッド

開始数投で本命ヒット!!

IMG_4252

根魚の反応は良いのになぜか「ヒラマサ」は釣れない・・・。
続いて「カサゴ」も釣れる釣れる。

IMG_4256

日が完全に上り、丘を登り沖合いを見ると「なんだあれは?」

IMG_4261

潮が流れている方向に「定置網」掛けられているではないか!!
仕方なくポイント移動。
と言ってもこのエリア広範囲に歩いて移動できるので、一旦先端を目指してみることに。
青物用タックルと根魚タックルの2タックルを持って移動。
※この判断が後に地獄を見ることに・・・・

IMG_4267

歩いて移動していると途中に「谷」があり、越えるためには一旦丘をあがらないと越えられない。

IMG_4264

しかも足元は「岩」だらけで不安定&直射日光で体力が削られる。
途中灯台に上がるための階段を発見、真裏にも歩いていける感じでしたが体力が足りず断念。

IMG_4269

2個目の谷を越える。

IMG_4270

ようやく先端に到着。
「思ってたよりかなり遠いぃ!」
この先端も一旦下まで降りて登らないと行けないポイント。
ここまで来たら行くしかないでしょと行ったのですが・・・・魚からの反応は無く戻る事に。

IMG_4271

このエリアは手前の15m位は浅く、15mを越えると深くなっている様子。
緩やかなスロープになっているのでバサロ28g使用するとをリフトしても着低までが早く、思うように探れないので戻りながら深場を探していると!!
小型のキジハタゲット! 

IMG_4275

この小型サイズのキジハタが 4インチのスナッチバイトシャッドを丸呑み。

IMG_4273

その後反応無くスタート地点に戻り、船長に連絡して「磯替え」を選択。
船に乗り込み目指すポイントは「ドン深ポイント」
とここでパイセンの帽子が午前中と違う事に気付く。
む・む・麦わら帽子!!このとき一瞬だけ「ゴルファー」に見えたのは自分だけでしょうか。

IMG_4276 

ポイントを移動して、開始数投で良型のキジハタをゲット。
沖のシモリではなく、足元のブレイクに潜んでいた1匹 。

IMG_4280

その後も広範囲にキャストを繰り返し、 カサゴやキジハタを追加!!

IMG_4285

IMG_4287

今回使用したバサロは28g1個でこの釣果!
しかし、バサロが根掛りする事は無かったのですが・・・肝心の「ワーム」がフグの餌食になる事は多々あります。

IMG_4290

何故かテールだけをかじる。
このテールが無くなると、魚からの反応が無くなるので交換を余儀なくされます。
そうこうしていると磯上がりの時間。
朝一違うポイントに入っていた3人組のアングラーの方も船に乗っていたので情報交換。
根魚オンリーで磯を転々とされたそうですが、思ったサイズは釣れなかったそうです。(朝一青物のナブラを見たそうです)

しかし、この方達が乗って来た車のナンバープレートを見て驚きました!「こ・神戸!!」

IMG_4291 
この後「温泉」に入って3時間半のドライブだそうです。

遠い所お疲れ様です。(パイセンも)
また会うことがありましたら宜しくお願いします。
さあ!来月の釣行は何処に行こうかな!!

波止際で予想外のサイズ!デビルクラッカー大活躍!(ブリトリー酒田釣行記)
2017年08月11日(金)

みなさんこんにちは!ブリトリー酒田です!

今日から世間は連休。

テレビは朝から渋滞のニュースで持ちきりです。何処行くのも大変そうですね~・・・

そしてそんな移動にうんざりする連休前に行って来ましたオクトパッシング!!

今回は青物調査も含め、東方面へお客様のWさんと一緒に釣行!!

朝イチはブリ狙いでひたすらピンテールを投げ倒しますが不発・・・

時折起こるボイルもシーバスのみでした・・・

日が出てからはタコ狙いにチェンジしますが、あまり良い反応も無くポイントを移動します。

移動した先はかなり長い距離の波止場で、とりあえず足元が気になるのでルアーをワンナック販売:デビルクラッカーで探って行きます。

波止際を探りながら、ふと隣の波止に目をやると同じように際をデビルクラッカーで探っているアングラーが。笑

数年前ならこんな平日のド日中に、同じオクトパッシングをしているアングラーには絶対出会わなかったでしょう!

皆さん。タコ流行ってます!やるなら今の内ですよ~

さて、足元を散々探ってそろそろデビルエイトでキャスティングして探ろうかと思っていたその時・・・

「ズンッッ」っと違和感・・・ここは焦らず少しシェイクを入れて、思いっきりあわせると・・・重い!!

しかし遠慮無しにゴリ巻きし、抜き上げ!!デビルクラッカーは針沢山付いてるのでバラシが少なく安心して抜き上げれます♪

IMG_1420

デカイ!笑

IMG_1417

余裕で2kgある感じです♪

IMG_1421

デビルクラッカーのチョコバナナカラーでゲット!!

IMG_1423

後計測してもらうと自己記録更新の2.4kgでした☆

そしてこの後もデビルエイトでこのサイズより少し小さいのを掛けたのですが抜き上げ寸前でバラシ・・・

悔しかったです・・・

しかしデカタコポイントを見つけたので今回はかなり収穫がありました♪

今年は3kgUPを目標に、まだまだ通ってみようと思います!!

そして一緒に釣行していたWさんですが、当日はゲットできなかったものの、次の日リベンジして見事ゲットしておりました♪

IMG_1424

家に帰って、たこ焼・タコ飯色んな料理で楽しまれた事でしょう♪Wさん!また行きましょうね♪

 

話は変わりまして、現在自分がオクトパッシング用に使っているロッドなんですが、

マグナムクラフトのスネークヘッドリミテッド7095と言うブランクスで自作したロッドです。

IMG_1247

上の写真をご覧のように、タコだけでなくバスのフロッグゲームや、ライトカバーの雷魚なんかにも使っております。笑

レングスは元々7ftしかないブランクスを少し延長して7.4ft。飛距離も十分出るので遠投にもヘチにも探りやすくて良い感じです。

ティップは少し柔らかめで、デビルエイトをサビいて誘う時もルアーが動きすぎず良い感じ!

ベリーからバットにかけてはかなりパワーがあり、2kgクラスであっても、フッキングと同時にタコを浮かすことも容易であります♪

そして今まで釣ったタコは全部抜き上げていますが、コチラも全く問題ナシ。2kgオーバーでも全然抜けます♪

タコロッドを自作しようかなーっと考えている方!メッッチャ少ないかと思いますが・・・

120%オススメなので是非このブランクスで作って見て下さい!!

・・・ひょっとしたらワタクシ、ブリトリー酒田が同じブランクスで1本組んで、今月中に矢野駅前店で販売するかもです!委託で販売してますので見つけたら是非買ってください!!笑

はい。ここからは商品紹介です!良いタイミングでいいの入ってきました!!

P1140891

デビルクローの欠品していたカラーが再入荷!!

P1140892

同じく欠品していたデビルエイトの33gや、デビルパラシュートも入荷しました♪

この連休中に是非オクトパッシングにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

皆さんのお越しを是非お待ちしております♪以上釣行記でしたー♪

ナイトオクトパッシングツアーin音戸周辺(ネイティブ沖田釣行記)
2017年08月04日(金)

こんばんは。ネイティブ沖田です。

ここ最近タコ釣行が続いてます。
7/29日は「とびしま釣行」
7/31日は「エース池内とプチ遠征」
そして3日の晩は、音戸釣行に行って来ました。

今回同行されたお客さんは「Kさん」
タコルアー(タコーレ)は持っているがロッドは持っていないと言う事でレンタルタックル貸し出し。

開始30分位は、色々と釣り方を説明させて頂き、タコのイメージを膨らませて実釣。

ワームカラーは様々です。
その日によって反応するカラーが変わるので、カラーバリエーションは豊富な方がヒット率UPに繋がります。
今回の釣行でも散々レッドカラーのワームを通したのに「イエロー」に切り替えた途端ヒット!

IMG_4205

今回もマグバイトから発売されている「バイキージグヘッド」を使ってタコ&根魚調査。
Kさんが「いまいちコツがわからない」と言う事で、実践しながらKさんと話していると、「空気が読めないタコ」がヒット!

IMG_4208

この出来事によりコツがつかめたのか、先程までとはKさんのロッドワークが変わった気がしました。

IMG_4209

そして、ついにその時は訪れたのです!
先端に立って釣りをしているKさんの行動が何故か「挙動不審」な感じになり、疑いながらも軽いフッキング!?
案の定水面でオートリリース!!!!あぁぁぁぁぁ!!と雄たけびが上がる。
しかし、タコの場合はもう一度バレタ場所にルアーを投入すると再度抱く事があります。
再投入して逃したタコを何とかゲット!!

IMG_4213

Kさん初タコおめでとうございます。
また次回行きましょう。
次回釣行の際はマイロッドの持参をお願いします。
カスタムロッドの作成も可能なのでご検討よろしくお願いします。

さて今週末は月1のあの企画「沖磯釣行」が始動!
今回は島根半島方面に行く予定なのですが「台風」の動向が気になります。
釣れるのかの前に「船出るのか?」
乞うご期待。